理学療法学生へ。実習が延期?今すべきこととは。触診?国家試験対策?

国家試験対策

スポンサードリンク




こんにちは、るーたんです!

 

私の病院では、毎年5月に理学療法臨床実習を引き受けています。

しかし、今年は異例・・・。コロナウイルスの影響で、延期または中止に。

私の母校では学内実習を行うといった形をとったそうです。

 

こんな時こそ、今すべきことはなんでしょうか。自分なりに振り返り、考えてみました。

 

 

1.家族や友人、自分の身体で触診

 

実習では様々な患者さんに触れることが出来ますが、このような状況では臨床実習が困難だと思います。

一人一人筋の大きさ柔軟さ位置がわずかに違うので、様々な方に触れてほしいです。

ただ触るのは、触られる方も嫌なので、肩もみやマッサージをしてあげるのが一番良いと思います。

 

しかし、ただマッサージをするだけよりは、今何(どの筋)を触っているのか揉み始めと変わったかなどを考えながら実施することで触診技術は大きく上がると思います。

2.筋の起始停止の確認、働く上でも必要だよ!痛みの追及とか

次に筋の起始停止です。

これは国家試験ではもちろん使いますが、臨床の現場へ出ても起始停止を利用した考え方はします。

というか、必要です。

 

ただ、覚えるのって大変ですよね...。

私は学生時代に1年生の時から、起始停止のテストがあるため、必死で暗記しました。

 

しかし、覚えたとしても数日後には忘れることが多く、嫌になってきました。

 

ただでさえ100近くの筋があるので、全てを暗記するって、普通の人からすると絶対無理!

 

ではどうやって覚えたらいいのか、教えましょう。

 

以外と簡単です。まずは筋の絵を見て、筋の走行をイメージしてください。

ある程度イメージが出来れば、起始と停止もなんとなくわかってきます。

 

ぜひ、起始停止をおろそかにせず、さっそく実践してみてください。

 

 

3.病態の確認(糖尿病、心不全、肺炎は特に!患者の既往に多い)

まだ国家試験には時間があるからこそできる、病態を詳しく理解しましょう。

これも暗記はNG

なぜこのような症状が出現するのかを考えて勉強して下さい。

私は分からない時に、必死になって参考書やネットを分かるまで探し続けました( ´∀` )

 

なんの病態から手をつけたらいいか分かりませんよね。

その時は糖尿病心不全肺炎について調べてみましょう。

 

これらの病態は国試にも出やすいですし、働いてからも既往で上記の疾患を有する人は多いです。

糖尿病について詳しく知りたい方は☞糖尿病について

4.小児・精神の国試対策は10月以降でもOK!それまでに機能、病態を固めたい

国家試験対策をもう始めている方もぼちぼち増えてくると思います。

 

ただ、国家試験は範囲が広いですよね。

そこで、小児や精神の勉強は後回しにしましょう。

小児・精神はほぼ暗記やゴロ合わせで後からでも可能です。

 

今は時間があると思うので、暗記よりも理解することを大事に勉強を続けていってください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました