理学療法国家試験対策!心不全とは?理解しておくべく症状、原因、分類、判断基準

国家試験対策

スポンサードリンク




こんにちは、るーたんです!

 

本日は心不全について詳しく説明していきます。

暗記よりも理解するをテーマに作成しました。

 

国家試験に向けて最低限理解すべきことをあげました。

①心不全とは

「心不全とは、心機能低下に起因する循環不全」と定義されています。

心臓の疾患は様々ありますが、全ての心疾患の週末像のことです。

 

様々な原因疾患によって、心臓のポンプ機能が低下

心拍出量の低下うっ血症状が出現したことを表しています。

 

次の原因でも説明しますが、心不全になる原因として肺疾患も関係してきます。

心臓の疾患だけが心不全の原因になるわけではないので、気をつけてください!

 

②心不全の原因

原因疾患は複数ありますが、それらは大きく左心不全または右心不全のどちらかを引き起こします。

 

主な原因疾患を左心不全・右心不全それぞれに分けて書きます。

 

①左心不全の原因疾患

・虚血性心疾患
・不整脈
・僧帽弁狭窄症
・後負荷(高血圧、大動脈弁疾患、大動脈狭窄症)

 

②右心不全の原因疾患

・慢性閉塞性肺疾患
・脳梗塞⇒肺高血圧⇒肺性心
・心筋症
・心タンポナーデ
・左心不全による2次的肺高血圧

 

ここで左心不全と右心不全何が違うの?と思う方いるでしょう。

 

左心不全:左心機能の低下が生じる(肺静脈⇒大動脈にかけて)

右心不全:右心機能の低下が生じる(大静脈⇒肺動脈にかけて)

なんとなく分かりましたか?

 

左心不全が生じると心臓から大動脈(全身)へ血液を送れない。

右心不全が生じると心臓から肺動脈(肺)へ血液を送れない。

 

③症状(左心不全、右心不全)

症状を覚える際は何度も言いますが、一つ一つ暗記するのではなく

なぜこの症状が出るのかを理解しましょう。

 

症状についても左心不全と右心不全に分けて考えます。

 

 

【左心不全】

左心不全つまり肺静脈⇒大動脈へ送ることが難しくなります。

 

ここで2つに分けて考える必要があります。

1.心臓より前方(心臓から出た後)での障害・・・血液が足りずに生じる症状

 

2.心臓より後方(心臓に入る前)での障害・・・血液が溜まってしまい生じる症状

1.心臓より前方での障害

左心不全では心臓から大動脈(全身)へ血液を送ることが困難となります。

すると全身のあらゆる臓器に血液がまわらず、臓器の機能が低下してしまいます。

これが左心不全、前方障害の背景です。

 

 

では、具体的に見ていきます。

・心拍出量が低下することで全身の血圧が低下し、末梢では酸欠でチアノーゼが生じる。

 

・脳への血液も左心から出るため、脳に血液がまわらないと意識障害が生じる。

 

・腎臓では腎血流量低下するため、尿量が減少する(乏尿)。

 

・筋への血流も低下するため、易疲労性倦怠感などが生じる。

 

・防疫反応として、血圧を上げるために交感神経が活発となり、頻脈冷や汗が見られる。

2.心臓より後方での障害

後方障害といいます。

心臓より後方(肺静脈)では、心臓で血液がストップしてしまうためうっ血が生じます。

肺静脈に血液が溜まっていけば、肺もうっ血が生じます。

肺うっ血によって生じる症状が以下です。

 

労作性呼吸困難(ガス交換が上手くできなくなるため)

 

発作性夜間呼吸困難(臥位をとることで重力の影響がなくなり、静脈還流量が増加しよりうっ血が生じる+就眠で交感神経抑制されるため、心機能・呼吸機能低下する)

 

起座呼吸(発作性と同じ)

 

肺水腫(肺うっ血によって生じる)⇒血管から肺へ血液がにじみ出て、ピンクの痰がでる

 

咳嗽

 

 

右心不全

右心不全つまり大静脈⇒肺動脈へ血液を送ることが困難となります。

 

こちらも2つに分けて考えていきましょう。

 

1.心臓より前方での障害

前方障害では肺へ血液がいかない状態です。

 

呼吸困難(肺血流量低下するため)

 

とりあえずこれだけですが、国家試験では他の症状が出現されることもあります。

その時は、肺に血液がいかないと生じるのかどうかを考えて、応用出来るようにしましょう。

2.心臓より後方での障害

後方障害では心臓に血液がうっ血し、大静脈からそれぞれの臓器へうっ血が生じます。

 

浮腫

 

頸動脈怒張

 

腹水

 

体重増加(浮腫により)

 

胸水貯留(胸膜腔に水が貯留するため)

 

食欲不振

 

 

ほとんどうっ血ですね。

 

 

最後に

心不全について、右心不全と左心不全に分けて紹介してきました。

 

症状一つ一つと原因を一致させて、ずっと忘れないような知識にしましょう。

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。

 

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました